私は、よく書店に行くのですが、書店に行くと「FXコーナー」というものが設けられているほど、今FXというのは人気の取引です。

 

試しに中身をパラパラと見てみると「FX必勝法」や「資金が少なくても大勝」などという夢のような言葉が踊っていますが、これは本当にそんなにうまくいくものかな?と私は疑問に思っています。

 

私は、今までFXに限らず、株やデイトレード、競馬や先物取引などで、同じような「必勝法」をうたった本を数多く目にしてきましたが、それでもし全員が上手くいったならば、全員が億万長者になってそこで話が終わっているはずです。

 

しかし、必ずしも現実の取引がそうならないのは、全員が勝ち組になれるわけではないということを、如実にあらわしていると私は思っています。やはり、FXも必勝法などあるわけはなく、そういった本は話半分に読み物として参考にする程度が良いと私は冷静に思っているのです。

FX関連の書籍について記事一覧

FXでは素直に負けを認めることも大切であると聞いたことはありませんか。まさにその通りで、FXを始めて大敗してしまったというような人のほとんどがこれができないせいで大きな損失を出してしまっているのです。大敗をひも解いてみれば、どんな大きな損失も最初は微少な損失から始まります。この損失が微少なうちにロスカットをすることによって、相場で生き残っていくことができ、さらに勝つことが許されるのです。本来は素人...

FX取引をしていて国内の取引業者にどうも馴染目ないというような人は、海外の取引業者を利用してみてはいかがでしょうか。海外ということで国内とは随分勝手が違う部分もありますが、スプレッドの面などで非常に有利な業者もあります。また、海外の取引業者のことをまったく知らないという人のために、海外FX取引業者の口座開設サポートや利用サポートを立ち上げているようなコンテンツもあります。これらを有効に活用すれば条...

FXで成功をしている人の取引を見ていているとある共通点があることに気づきます。その共通点とは大胆さと繊細さを併せ持った取引を行っている人が多いということです。これは言葉を変えるとメリハリのある取引をすることが重要ということでもあるのですが、つまりはチャンスには大胆に動き普段は繊細な動きでチャンスを見計らうということが重要になってきます。これができるようになればトータルで負ける可能性は著しく低くなる...

FXをする際に肝に銘じておく必要があるのが身の丈に合った取引を心掛けるということです。これができればほとんど大きな負けを経験することもなくなるので、自分の財産状況を踏まえた上で取引金額を設定するとよいです。あまりにも身の丈に合わない金額での取引を続けてしまった場合は金銭感覚が麻痺してしまうようなこともあるので、十分に注意しましょう。最初にビギナーズラックで大きな利益を出して金銭感覚が麻痺し、その後...

私は、メインは株なのですが、FXやバイナリーオプションにも興味があり、よくデモ体験させてもらいます。実際デモでやってみると、タイミングや、ポジション大きさやなど考えさせられることが多いです。まったり取引をするのであれば、ボラリティーがあまりない時に、丁半ばくちのように楽しむのも面白そうです。タイミングは、やはりボラリティーが大きそうな行事や指標がある時のほうが、気持ちよくポジションが取れます。方向...